FC2ブログ

    なべちゃんの気まぐれ日記

    デジカメ持ってのチャリ散策やウォーキング、時々遠出した時の光景や近県の温泉巡りなど、思いついたまま綴った日記です

    丸森 齋理屋敷

    3月下旬に丸森の国民宿舎「あぶくま荘」で開催した中学からの友人2人との泊りでの飲み会
    堤梅団地の後は角田でクラフトビール購入し、丸森の「齋理屋敷」に立ち寄ってみました
    江戸後期から昭和前半まで七代にわたって続いた豪商「齋藤屋」の屋敷跡が公開されています
    存在は知っていましたが、訪れた事が無かったので宿に向かう途中で立ち寄ることとなりました
    館内にある12ヶ所の建造物すべてが国の登録有形文化財となっているそうです
    尚、今回は備忘録の意味合いで綴っていますので軽く流して頂ければ幸いです

    1848年に造られた
    店蔵で齋理屋敷の中では一番古い建造物との事

    IMGP5085.jpg
     
    観て歩いて撮った中から特に印象に残った光景をまとめたので少し枚数多くなります
    ご了承ください

    嫁(よめご)の蔵に展示されていた中で一番目に留まったのが

    IMGP4997.jpg
     
    十八金製家紋入りの急須 飾り物ではなく普段のお茶の時に使ってたそうです

    明治の終わりごろ造られた「白みかげ」と呼ばれる花崗岩の石風呂

    IMGP5011.jpg
     
    石風呂はすぐ冷えるので朝から使用人が湯の準備をしていたそうです

    明治の初めころに建てられた居宅 庭の外灯も「白みかげ」で作られてます
    そして後ろのアンテナは避雷針 七代目当主が大の雷嫌いの為建てたそうです

    IMGP5016.jpg
     
    訪れた時は、享保雛や古今雛のほか齋藤家に残る市松人形や羽子板などが
    40畳の大広間に一堂に展示されてる「齋理屋敷の雛まつり」開催中でした

    IMGP5036.jpg


     IMGP5025.jpg
     
    吹き抜けとなっている2階 格子状になってる天井も高い

    IMGP5050.jpg
     
    新屋敷では、齋藤家がもっとも栄えたという大正時代の様子を観ることができました

    IMGP5063.jpg
     

    IMGP5067.jpg
     
    呉服商から始まり、生糸や縫製工場に醤油の販売、住宅建設から発電事業まで幅広く営み
    雇用だけでなく町内に電気を供給したり小学校の建設など地域の発展にも大きく貢献したようです

    そんな中、展示品を観てる中で当主のエピソードで一番印象に残ったのは
    酒好きの当主が毎晩客人と宴席を設け、酔った当主を団扇であおぐだけの使用人がいたという
    呑兵衛の私にはなんとも羨ましいお話でした(^^;




    スポンサーサイト



    1. 2019/04/22(月) 17:14:33|
    2. 町並景色
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:14
    <<仙台空港 月夜のなか | ホーム | 将監風致公園の水芭蕉>>

    コメント

    miyakoさんへ

    こんにちは♪
    いつもコメント頂きありがとうございます。

    > 正に豪商、すごいですね。
    > 江戸時代は武士は誇りだけで、実際に一番お金を持っていたのは、一番身分の低い商人ですものね。
    >
    > 大正時代の新屋敷の階段はカーブしてますね。
    > 贅を尽くし、それ故頑丈に建てられていますのね。
    >
    > 嫁蔵の金ぴか急須が普段使いですとぉ!!
    > 40畳ってどんだけ~
    資料館としてあるのは知ってましたが、訪れて凄さにビックリしました
    まさに豪商でしたね! 戦後GHQの農地解放で土地を失うまで江戸後期から昭和初期まで
    この地域で絶大なる繁栄を誇っていたようです。
    庶民の私には想像できないような暮らしぶりをちょっとだけ垣間見たような感じでした。
    ホント どんだけ~~ ですね^^
    1. 2019/04/24(水) 16:18:03 |
    2. URL |
    3. なべ #-
    4. [ 編集 ]

    八咫烏(全力稼働中)さんへ

    こんにちは♪
    いつもコメント頂きありがとうございます。

    > 金の急須を日常で使うな、と突っ込んでみたいですね(笑)
    > それ飾るためのものだから~!って(笑)
    > でも、急須は実用的につかってこそ価値の出るもの、と考えていたら、なかなか通な人物だったのかもしれません。
    > だったら金じゃなくて良いじゃない、って堂々めぐりになりますが(笑)
    > お金持色々ですけど、なんだか興味の持てそうな一族ですね。
    > 雛祭り。部屋ごと雛祭りってすごいっす(-_-;)
    おしゃる通り、庶民の私には思いつかない当主のエピソードは沢山あるようですね
    十八金の急須だけでなく、風呂沸かす専門の使用人、酒の席で団扇で仰ぐだけの女中さん…
    御影石の石工さん雇って庭に造った石風呂、外灯、電等
    財力があり過ぎてここの当主は金の使い方を知らない…とも言われていたらしいです(^^;
    1. 2019/04/24(水) 16:09:07 |
    2. URL |
    3. なべ #-
    4. [ 編集 ]

    onorinbeckさんへ

    こんにちは♪
    いつもコメント頂きありがとうございます。

    > こりゃ、めっちゃフォトジェニックな場所ですねーーー。
    > 近ければ絶対行きたいですよ。
    江戸後期、明治、大正から昭和までの建物や展示品など歴史と豪華な装飾品が一堂に!!
    初めて訪れましたが、入館料以上に楽しめましたよ♪
    1. 2019/04/24(水) 15:58:46 |
    2. URL |
    3. なべ #-
    4. [ 編集 ]

    トマトの夢3さんへ

    こんにちは♪
    いつもコメント頂きありがとうございます。

    > 雛まつりの部屋飾り和みますね
    > 十八金の急須 インパクトあります
    > 目が眩むようです^^
    齋藤家に保存されている享保雛や古今雛、そして人形などが一堂に展示されてましたが
    ここにも繁盛ぶりうかがえましたね。間近でみましたがどれも手入れが行き届いていた傷んでないんです。
    十八金製の急須…しかも普段使い…庶民の私には想像できないことでした(^^;
    1. 2019/04/24(水) 15:55:48 |
    2. URL |
    3. なべ #-
    4. [ 編集 ]

    りらさんへ

    こんにちは♪
    いつもコメント頂きありがとうございます。

    > 7枚目
    > 9枚目
    > 魚眼レンズでの撮影でしょうか?
    > 楽しい建物写真となっていますね
    > お手数ですがお時間ある時教えて下さい
    仰るとおりペンタックスのフィッシュアイズームで切り取ってみました。
    特殊なレンズで普段使う事はまりない…当初はそう思ってましたが今では必ず持ち歩いて重宝しています。
    ちょっと非日常的な構図が新鮮で嵌っています(^^;
    1. 2019/04/24(水) 15:49:20 |
    2. URL |
    3. なべ #-
    4. [ 編集 ]

    x都人xさんへ

    こんにちは♪
    いつもコメント頂きありがとうございます。

    > 開いて目に入ってきたのが煌びやかな黄金の急須!
    > これを普段使って、、凄すぎ!
    > どのような味なのか飲んでみたいですね~
    > 10年ほど長生きできるかな(笑
    丸森の豪商の資料館があるというのは知ってましたが、これほどの繁栄していたということは知りませんでした。
    なにしろ最初に入った蔵で目にしたのがこの十八金製の急須 しかも毎日使っていたというのには度肝抜かれました。
    たぶん推測ですが…派手好きな秀吉と被ってみた人もいた事でしょうね♪
    私もこの急須でお茶飲んでみたいですね♪
    1. 2019/04/24(水) 15:45:02 |
    2. URL |
    3. なべ #-
    4. [ 編集 ]

    さゆうさんへ

    こんにちは♪
    いつもコメント頂きありがとうございます。

    > 当時の斉藤屋の繁盛ぶりが解りますね。
    > 嫁さん持参した18金の急須で入れたお茶の味は格別でしたでしょうね。
    > 飲んで見たいです。
    福島との県境の森林の町でこのように反映した商家があったというのは
    正直私もビックリしています。
    なにしろ最初に入った嫁の蔵…ここは食器や掛け軸、着物などが展示されてましたが
    この十八金製の急須、しかも日常でお茶を入れていたという説明に度肝抜かれました(^^;
    私もどんな味がするのか飲んでみたいものですね♪
    1. 2019/04/24(水) 15:39:43 |
    2. URL |
    3. なべ #-
    4. [ 編集 ]

    こんにちは♪

    正に豪商、すごいですね。
    江戸時代は武士は誇りだけで、実際に一番お金を持っていたのは、一番身分の低い商人ですものね。

    大正時代の新屋敷の階段はカーブしてますね。
    贅を尽くし、それ故頑丈に建てられていますのね。

    嫁蔵の金ぴか急須が普段使いですとぉ!!
    40畳ってどんだけ~~
    1. 2019/04/23(火) 12:46:10 |
    2. URL |
    3. miyako #-
    4. [ 編集 ]

    金の急須を日常で使うな、と突っ込んでみたいですね(笑)
    それ飾るためのものだから~!って(笑)
    でも、急須は実用的につかってこそ価値の出るもの、と考えていたら、なかなか通な人物だったのかもしれません。
    だったら金じゃなくて良いじゃない、って堂々めぐりになりますが(笑)
    お金持色々ですけど、なんだか興味の持てそうな一族ですね。
    雛祭り。部屋ごと雛祭りってすごいっす(-_-;)
    1. 2019/04/23(火) 12:09:59 |
    2. URL |
    3. 八咫烏(全力稼働中) #-
    4. [ 編集 ]

    こりゃ、めっちゃフォトジェニックな場所ですねーーー。
    近ければ絶対行きたいですよ。
    1. 2019/04/23(火) 11:16:50 |
    2. URL |
    3. onorinbeck #-
    4. [ 編集 ]

    こんばんは♪
    雛まつりの部屋飾り和みますね
    十八金の急須 インパクトあります
    目が眩むようです^^
    1. 2019/04/22(月) 22:02:35 |
    2. URL |
    3. トマトの夢3 #-
    4. [ 編集 ]

    なべ様

    7枚目
    9枚目
    魚眼レンズでの撮影でしょうか?
    楽しい建物写真となっていますね
    お手数ですがお時間ある時教えて下さい
    1. 2019/04/22(月) 19:42:22 |
    2. URL |
    3. りら #sSHoJftA
    4. [ 編集 ]

    今晩は
    開いて目に入ってきたのが煌びやかな
    黄金の急須!
    これを普段使って、、凄すぎ!
    どのような味なのか飲んでみたいですね~

    10年ほど長生きできるかな(笑
    1. 2019/04/22(月) 18:48:44 |
    2. URL |
    3. x都人x #-
    4. [ 編集 ]

    こんにちは。
    当時の斉藤屋の繁盛ぶりが解りますね。
    嫁さん持参した18金の急須で入れたお茶の味は格別でしたでしょうね。
    飲んで見たいです。
    1. 2019/04/22(月) 17:32:17 |
    2. URL |
    3. さゆうさん #-
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    https://nabechann.blog.fc2.com/tb.php/1785-f77608ba
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    なべちゃん

    Author:なべちゃん
    デジカメ持ってのチャリ散策やウォーキング、時々遠出した時の光景や近県の温泉巡り等、定年後を楽しんでるオッチャンです

    やすらぎの癒し系名言集


    presented by 地球の名言

    四季の花時計

    カウンター

    最新記事

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    カテゴリ

    写真 (360)
    桜景色 (104)
    祭り/イベント (238)
    温泉 (56)
    料理 (109)
    食べ歩き (173)
    日記 (140)
    微笑の情景 (14)
    四季の草花 (130)
    四季の光景 (285)
    町並景色 (152)
    生き物 (85)
    未分類 (0)
    飛行機 (28)
    鉄道 (3)

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    pictlayer