なべちゃんの気まぐれ日記

    出かけた先や週末のチャリ散策で見かけた風景や旨いもの、近辺の温泉巡りなど、思いついたまま綴った日記です

    鳴子温泉 元祖うなぎ湯 ゆさや

    今回の飛び石連休は鳴子温泉に行ってきました
    泊りでの温泉は去年の9月以来、本当に久しぶりです

    鳴子温泉郷
    私の大好きな白濁硫黄泉をはじめとした豊富な泉質と、リーズナブルな宿が多いので何度も行ってる温泉郷
    とはいっても、これまではほとんど白濁硫黄泉の宿を選んで泊まっていました(汗)

    今回は、異なる泉質を楽しむべく選んだ宿は『元祖うなぎ湯の宿 ゆさや』
    ぬるぬる感のある湯ざわりを味わいたいと思ったのと、隣接の共同浴場『滝の湯』が何度も利用できるらしい
    しかも、昭和初期に建てられた木造の純和風の宿でレトロな雰囲気も味わえて、料金は1万円でオツリがくる
    まあ 食事はあまり期待しないようにして、ここに決定しました

    R0013321a.jpg
    宿の人に聞いたら、昭和11年の建築で国の登録有形文化財になっているとの事
    IMG_7902a.jpg
    辺りが暗くなり灯りがともると、一段とレトロな雰囲気になります

    R0013352a.jpg R0013353a.jpg R0013349a.jpg R0013329a.jpg
    懐かしい雰囲気のフロント レコード盤からのBGMと由緒ありげな雛祭りが飾ってありました 客室は8畳の和室

    さて楽しみにしていたお風呂
    R0013337b.jpg
    まずは貸切露天風呂「茜の湯」 宿から5,6分ほど歩いた林の中にあります
    明るい抹茶色 泉質は「含硫黄-ナトリウム-硫酸塩泉-低張性アルカリ性高温泉」
    弱アルカリの為かさほどぬるぬる感は感じません
    そして内風呂「うなぎ湯」 露天と同じ泉質ながらP/H8.9の強アルカリ 
    湯の入れ替え時だけ温度調整のため加水するが、後は源泉かけ流しで塩素消毒は無しは嬉しい
    せっかくの自然の恵みを塩素いれて泉質落とすのはもったいない(湯を大切にする宿の姿勢がうかがえます) 
    さてうなぎ湯ですが、同じ鳴子温泉郷 中山平「琢秀」で味わった強いヌルヌル感はなくツルツルした湯ざわり
    しかし、部屋に戻ってからもこのツルツル感は消えず、しっとり肌になったような感じがしました

    隣接の共同浴場「滝の湯」
    R0013350b.jpg
    鳴子温泉の看板ともいえる共同浴場 総ヒバ造りの浴室は落ち着いた雰囲気 
    泉質は「酸性-含硫黄-ナトリウム・アルミニウム・カルシウム・鉄(Ⅱ)-硫酸塩泉(硫化水素型)-低張性酸性高温泉」
    玉川温泉ほどではないが、P/H2.8の強酸性泉 もちろんここも加水塩素消毒無し
    裏手の源泉から太い丸太の樋で源泉が惜しげもなく注がれているので、手前の浴槽は熱くて長湯はできません
    奥の打たせ湯の浴槽のほうがヌルめでゆったり入れます
    それにしても、強アルカリ泉と強酸性泉という全く異なる湯が隣接しているとは、鳴子の地下はどうなっているんでしょうか?
    「うなぎ湯」と「滝の湯」交互に何度も入ったけど、さぞや体もビックリしたことでしょう(笑)

    食事は二食とも部屋食
    IMG_7910a.jpg IMG_7908a.jpg R0013359a.jpg IMG_7911a.jpg
    豪華ではないけど、地元の食材を使って手間をかけたような山里料理の夕食と朝食
    予想を見事に裏切り どちらも完食の満足でした *^-^*
    「くいしん坊!万才」で紹介されたという、あい鴨の山菜味噌炊き鍋 クセのない肉柔らかで旨かった
    朝食の味噌汁 大きなお椀に入っているのは地元の饅頭麩
    泊まった時の楽しみ「呑み比べセット」 旅館オリジナルの遊佐物語も美味しいお酒、デザートの山芋プリンも美味♪

    女将さんやご主人、そして仲居さん
    皆さん気さくな感じて応対もよく、気持ちよく滞在することができました

    この内容でこの値段 ここもまた泊まりたい宿になりました



    スポンサーサイト
    1. 2010/02/12(金) 21:34:25|
    2. 温泉
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:6
    <<大間産鮪の鉄火丼 | ホーム | walkingを兼ねて>>

    コメント

    kamiyakoさんへ

    こんばんは♪

    > ゆさやさんへ行って来ました。
    はい!ブログ拝見させていただきました^^ すっかり鳴子温泉に嵌ってるようですね♪
    そういう私も鳴子温泉が大好きです(^_^;
    同じ宿でも違う泉質の湯‥しかもリーズナブルで美味しい宿が多いのも魅力だと思っています^^
    1. 2013/02/14(木) 21:31:32 |
    2. URL |
    3. なべ #-
    4. [ 編集 ]

    朝食の大きなお椀…

    ゆさやさんへ行って来ました。

    >朝食の味噌汁 
    スタッフの方が「大きなお椀で皆さん驚かれますが普通のお味噌汁です」と…
    確かに「なめこのお味噌汁」でしたが、美味しく頂きました。
    私は仙台油麩ファンなので、饅頭麩も食べてみたかったです。

    こう言った趣ある木造建築のお宿は、是非残っていてほしいものです。

    様々な泉質の楽しめる鳴子温泉!本当に鳴子の地下はどうなっているのでしょうね…

    1. 2013/02/14(木) 00:09:15 |
    2. URL |
    3. kamiyako #-
    4. [ 編集 ]

    Re: 懐かしい~

    如水さん こんばんは*^-^*

    共同浴場「滝の湯」 風情があって私も大好きです
    鳴子温泉 泉質の異なる宿が沢山ありますので、宿を固定しないでいろんな宿を
    楽しみたいと思っていますが そのうち如水とバッタリ遭遇!
    なんてこともあるかも知れませんね(笑)
    1. 2010/02/16(火) 22:03:31 |
    2. URL |
    3. 邊ちゃん #-
    4. [ 編集 ]

    懐かしい~

    評価が高い鳴子温泉。
    もう10年以上前になりますが、行ってきました。

    共同浴場の目の前の大型旅館に泊まったのですが、今ひとつで・・・。
    でも共同浴場は、狭いながらもgoodなお風呂でした。

    リベンジしなくてはならない温泉のひとつです。
    なべちゃんのきれいな写真を見て、その思いが強まりました。
    1. 2010/02/16(火) 18:53:32 |
    2. URL |
    3. 如水 #-
    4. [ 編集 ]

    Re: タイトルなし

    tfsさん こんばんは*^-^*

    リゾート系のスパもいいけど、冬の温泉は 和の雰囲気に露天と雪見酒 これに限りますね♪
    和風旅館はホテル系と違って、煩わしいと思うこともありますが、仲居さんや宿の人たちとの
    ふれあいも また旅情を感じさせてくれますね♪
    1. 2010/02/15(月) 23:09:13 |
    2. URL |
    3. なべちゃん #-
    4. [ 編集 ]

    昭和の温泉宿
    冬の温泉etc
    全ての雰囲気が漂ってきますね。
    1. 2010/02/15(月) 09:16:30 |
    2. URL |
    3. tfs #-
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    https://nabechann.blog.fc2.com/tb.php/150-a8bce15d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    なべちゃん

    Author:なべちゃん
    出かけた先や週末のチャリ散策で目に留まった風景をデジカメで撮ったり、週末の男厨や近辺の温泉巡り等を楽しんでるオッチャンです

    やすらぎの癒し系名言集


    presented by 地球の名言

    四季の花時計

    カウンター

    最新記事

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    カテゴリ

    写真 (360)
    桜景色 (89)
    祭り/イベント (159)
    温泉 (48)
    料理 (102)
    食べ歩き (166)
    日記 (128)
    微笑の情景 (12)
    四季の草花 (89)
    四季の光景 (188)
    町並景色 (105)
    生き物 (29)
    未分類 (0)
    飛行機 (5)

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    pictlayer