FC2ブログ

    なべちゃんの気まぐれ日記

    出かけた先や週末のチャリ散策で見かけた風景や旨いもの、近辺の温泉巡りなど、思いついたまま綴った日記です

    福島 高湯温泉 安達屋旅館

    昨年12月中旬に訪れた福島の吾妻連峰中腹にある高湯温泉 安達屋旅館の温泉記事です
    高湯温泉は私の大好きな温泉の一つでこれまで立ち寄り湯も含めて5軒ほど利用しています
    その中でも今回お世話になった安達屋旅館は、温泉宿に嵌るキッカケとなったお気に入りの宿
    温泉巡りの記事で目に留まり一番最初に泊まったのがかれこれ20年以上も前の事
    その後何度か宿泊してるうちに、いつしか近辺の濁り湯の宿を巡るようになってしまいました

    今回は福島市内で用事があったので十数年ぶりに安達屋旅館を訪れることにしました

    DSCF3189.jpg
     
    館内のラウンジは昔と変わらず静かな佇まい

    DSCF3206.jpg
     
    以前泊まった時には無かった大露天風呂「大気の湯」 うたせ湯 寝湯 洞窟風呂も併設
    週の中日の平日ということもあり 白濁の硫黄泉を貸切状態で堪能しました

    R0011562.jpg
     
    貸切露天風呂「薬師の湯」と内風呂「不動の湯」 そして縦は家族風呂「ひめさりの湯」
    ここ高湯温泉は全国でも数少ない源泉かけ流し宣言をしている温泉なんです

    R0011579a.jpg

    もう一つの楽しみは夕食  食事処は「囲炉裏の間」
    以前は串に刺した岩魚など焼きながら頂く本格的な囲炉裏でしたが今は囲炉裏風テーブル
    なんでも囲炉裏に刺して焼くと焼き加減が解らないという人が多くなったそうです

    DSCF3209.jpg
      
    今回のお品書き

    img308.jpg
    DSCF3233a.jpg

    食後のデザートは囲炉裏のあるラウンジで

    DSCF3246.jpg

    そして朝食は暖炉のある食事処で 和洋のバイキング
    私はいつものように和食メインで(^^;

    DSCF3251.jpg


    DSCF3248.jpg
     
    トイレ無しのスタンダートな和室八畳の利用で一人14,580円でした

    十数年ぶりで訪れた安達屋旅館 
    囲炉裏の夕食がちょっと変わりましたが
    広い
    大露天風呂に加えて従来の露天は無料の貸切風呂となって風呂好きにはたまりません
    なにより宴会場もカラオケもないので静かに過ごせるのがいいですね
    久しぶりに訪れてみて改めて安達屋旅館に嵌ってしまいました




    スポンサーサイト
    1. 2019/01/16(水) 19:26:59|
    2. 温泉
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:16

    峠の一軒宿 追分温泉

    11月上旬、中学以来の友人2人と石巻にある「峠の一軒宿 追分温泉」を訪れました
    今年の6月ころ「シニア満了で退職した機会に久しぶりに泊りで一杯やろうよ」という話があり
    腐れ縁ともいうべき中学から大学まで一緒だった3人が秋保温泉に集まったのが8月中旬の事
    「これからも継続で集まろうや!」ということで、今回は私が幹事役となっての企画です
    追分温泉は家人と2度ほど訪れているので、料理はもちろん宿の雰囲気にも自信がありました

    途中から林道のような細い道を進み、峠を超えたところにポツンとある鄙びた宿です
    昔懐かしい分校のような趣きの建物、玄関の軒先にはこれまた懐かしい干柿が

    IMGP4056.jpg

    廊下には昔使ったランプが吊るされています

    IMGP4028.jpg

    夜騒がしい人がいるのでなるべくなら広い部屋を…
    予約の時お願いしたら、八畳二間に囲炉裏付きの部屋を用意してくれました^^

    IMGP4020.jpg
      
    浴室に向かう廊下 ここもいい雰囲気

    IMGP4029.jpg
     
    ご主人が全国歩いて探し求めたという樹齢500年のカヤで作られた浴室
    泉質はラジウム鉱泉ですが柔らかで温まります

    DSCF2524aa_201812191840521b2.jpg
     これは前回訪れた2014年夏の写真です

    お待ちかねの夕食  蟹、海老、ホタテ、アワビ、ウニ、クジラ、マグロなど
    刺身の盛り合わせが二皿、そのほかグラタン、天麩羅、茶碗蒸し、酢の物など盛沢山

    IMGP4034a.jpg
     
    一転朝食はあっさりとしたメニュー  ここのサンマは定番 美味しいです

    IMGP4068.jpg
     
    ご主人の趣味だという玄関前に展示してあったクラシックカー
    車検はとってるそうです

    IMGP4066.jpg
     
    料金はこの内容で一人税込10,470円、初めて訪れた友人2人も大満足でした^^
    この後一行は女川に向かいますがその話は後日に


     


    1. 2018/12/19(水) 19:17:09|
    2. 温泉
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:12

    花巻温泉郷 大沢温泉 Ⅱ

    台風21号の甚大な被害があったばかりなのに、今朝発生した北海道の大地震
    天災は忘れた頃に…よく聞いてましたが、最近は頻繁に起きているような気がしてなりません
    被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます

    さて8月に訪れた花巻温泉郷 大沢温泉 菊水館 最後の記事になります
    宿泊した部屋は昔ながらの梅の間 当然ですがバストイレ無しです

    IMGP2107.jpg
     
    廊下からみた菊水館 部屋にエアコン付いてたのにはちょっとビックリ

    IMG_8886.jpg
     
    一泊12千円ちょっとなので料理はあまり期待してませんでしたがこの内容に思わず^^

    IMGP2122a.jpg
     
    ハンバーグと思ったら、花巻五穀の炊き込みご飯を花巻黒毛和牛での包み焼き
    ピザ風の茄子焼きや冷やし夏野菜の煮物、ジュレ掛けのミズ等々

    IMGP2123a.jpg
     
    朝食は温泉旅館らしい品々ですね 地味だけど美味しかったです

    IMG_8890e.jpg
     
    いつもならすべての湯を楽しみますが、今回は二ヶ所だけ
    豊沢川にせり出すようにつくられている大露天風呂 大沢の湯

    IMGP2186.jpg

    菊水館にある木造りの南部の湯 いずれも泉質はPH9.0のアルカリ性単純泉です

    IMGP2166.jpg
     
    今回は懐かしい香りのする茅葺屋根の宿に惹かれて宿泊してみましたが
    桜の頃や紅葉、そして雪景色の時にも訪れてみたい宿となりました






    1. 2018/09/06(木) 15:04:51|
    2. 温泉
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:13

    花巻温泉郷 大沢温泉の夜景

    8月第2週の週末に訪れた花巻温泉郷 大沢温泉の第2弾は夜の光景を掲載してみました
    郷愁漂う大沢温泉の茅葺と木造の建物、夜も絵になると思い夕食後に散策しながら撮ってみました

    宮沢賢治や高村光太郎も歩いたという大沢温泉坂 春は満開の桜が楽しめそうです

    IMGP2148.jpg

    灯りがともった湯治屋  ぬくもり感じます

    IMG_8881.jpg


    IMGP2152.jpg

    湯治屋の中庭 ここを通った先が曲り橋 その先が菊水館

    IMGP2155.jpg

    曲り橋から眺めた夜の菊水館 

    IMGP2158.jpg
      
    同じく曲り橋から眺めた豊沢川と湯治屋 明るいのは湯治屋大浴場の灯りです

    IMGP2162.jpg
     
    見事な枝ぶりの植栽と苔の生えた茅葺屋根 菊水館の歴史を感じます

    IMG_8883.jpg
     
    ここ大沢温泉には菊水館、湯治屋、一番新しい山水閣、3つの建物にあわせて7つの風呂があり
    そのうち家族風呂をのぞく六ケ所の湯めぐりを楽しむことができました
    今回はのうち2ヶ所の湯を楽しんたので食事の様子と併せて次の機会に紹介したいと思います





    1. 2018/08/31(金) 09:54:33|
    2. 温泉
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:16

    花巻温泉郷 大沢温泉 Ⅰ

    中尊寺の古代ハスを観た後に向かったのは花巻温泉郷のなかにある一軒宿「大沢温泉」です
    約1200年前に坂上田村麻呂が発見したと伝えられ、南部藩主や宮沢賢治も利用したという
    川沿いに建つ茅葺き屋根や木造の自炊宿が被写体としても絵になると思い今回の宿に選びました

    曲り橋を渡った先に見えるのが幕末に南部藩主も訪れたという茅葺き屋根の菊水館
    橋のたもとには明治39年夏季講習に参加した宮沢賢治の記念写真が飾られていました

    IMG_8902.jpg
     

    IMGP2120.jpg

    いまから170年ほど前に建てられたという菊水館 今回の宿です

    IMGP2115.jpg
     
    宮沢賢治が子供のころ そして教師時代に利用したという自炊宿 湯治屋
    逆光だったこともありHDRで撮ってみました

    IMGP2176.jpg
     
    大沢温泉の建物では最も古く約200年以上前に建てられたとの事

    IMGP2174.jpg
     
    自炊部の売店も覗いてみました お土産だけでなく野菜などの食料品も売っていました

    IMG_8907.jpg
     
    今回の最後は曲り橋からみた湯治屋の光景です
    灯りが点った夜の光景も絵になると思い夕食後にも撮ってみましたので
    それはまた改めて掲載してみたいと思います

     



     
    1. 2018/08/29(水) 09:17:25|
    2. 温泉
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:18
    次のページ

    プロフィール

    なべちゃん

    Author:なべちゃん
    出かけた先や週末のチャリ散策で目に留まった風景をデジカメで撮ったり、週末の男厨や近辺の温泉巡り等を楽しんでるオッチャンです

    やすらぎの癒し系名言集


    presented by 地球の名言

    四季の花時計

    カウンター

    最新記事

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    カテゴリ

    写真 (360)
    桜景色 (97)
    祭り/イベント (212)
    温泉 (55)
    料理 (107)
    食べ歩き (173)
    日記 (134)
    微笑の情景 (14)
    四季の草花 (122)
    四季の光景 (250)
    町並景色 (143)
    生き物 (70)
    未分類 (0)
    飛行機 (17)

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    pictlayer